アスリートカフェ カフェオーナー 伊藤数子

  今朝も元気に開店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

車椅子陸上・土田和歌子

日本人初のパラリンピック夏冬金メダリストの土田選手。リレハンメルから北京まで6回出場しました。アイススレッジ競技を始めたころのこと、車椅子競技へと転向したときのこと、一つひとつが物語です。

北京では終われなかった、強い口調になりました。レース中のアクシデントで転倒し、そのまま棄権。後日のレースはスタートさえできませんでした。そのことがロンドンへの挑戦の原動力になっているのです。

さわやかな笑顔と、強靭な肉体と、強い意志を感じさせる言葉、あっという間の対談でした。

挑戦者たち http://www.challengers.tv/seijun/

土田さん
トレーニング中におじゃまして。
  1. 2011/11/22(火) 23:17:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ISFネットハーモニーへ

ISFネットハーモニーへ行ってきました。なんと3回目です。ご一緒したのは、コムシスネットのみなさま。ここは様々な障害のある人が働く会社です。毎月見学会を開いています。

社長の渡邊さんとは、ユニバーサルベンチャーコンテストの審査員でご一緒しました。お目にかかるたびに黒さが増します。いえ、人を引き付ける魅力が増しているのです。
渡邊さんのブログ

ご一緒したコムシスネットの方に、伊藤さんはもう見学したことがあるのに、申し訳ないです、と言っていただき気がつきました。3回目でも新鮮です。それは情報が更新されているからです。何度お目にかかっても、何度おじゃましても同じように情報が更新されているはずです。そう確信できるんです。なるほど、動くこと、大事だな、と思い、帰路に着きました。



ハーモニー
福島にオープンしたTAKUMIカフェのクッキーやおせんべいのお土産までいただきました。
  1. 2011/11/03(木) 14:31:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブラインドサッカーの石井選手

挑戦者たち・二宮清純の視点。今月はブラインドサッカーの石井宏幸選手の対談です。

挑戦者たち http://www.challengers.tv/

4年前、「見えない自分たちのサッカーを、見える人に見てほしいんだ」と聞き、モバチュウ(インターネット生中継)をすることにしました。初めて練習を見学に行って、その動きに驚愕させられました。「見えているんじゃないか」と思えるような動きです。

体験もさせてもらいました。アイマスクをつけて、手を引いてピッチまで連れていってもらい、その手を放されたら。私は両手を前に突出し、腰を引いてじたばたするだけでした。怖くて足が前に出ません。

「サッカーをやっているとき、自由に思いっきり走れる。だってほかのところでは危なくってね」と石井選手は笑いました。

1.jpg
「ボールに鈴が入っているんだ」「いてっ」

2.jpg
「な~るほど」

石井さん
いつもご協力いただいている MLBカフェTokyoにて
  1. 2011/10/25(火) 00:04:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本栖湖マラソン

本栖湖へ、行ってきました。走っていません、と今回も書くつもりでした。しかし・・・、図らずも、12KM走ってしまいました。

本栖湖ファンドレイジングマラソンhttp://www.darekanotameni.jp/index.html

伊藤のチャレンジ http://justgiving.jp/c/7169?locale=ja_JP

スターパワーの伊東さんに数か月前にお声掛けいただいたこのイベント。ファンドレイジングのためのまらそんに、障害者スポーツの方と一緒にやる企画はないか、とのことで、オフィシャルファンドレーザーとしてハンドサイクリスト永野明さんに走ってもらうことにしました。という経緯なので、応援のつもりで出かけました。

ステージでオープニングイベントが終わると、「さあ、みなさん。スタートラインへ移動しましょう」。係の人がロープを持ってきて「こちらで~~~す」と誘導します。その流れにのって移動しているとスタートラインが目の前に。そこに立ってみたくなり、立ちました。永野さんも隣にいます。長谷川理恵さんがかっこよくカウントダウン。号砲が鳴るとスタートしたくなりました。ちょっと走って途中で折り返してくるつもりで軽快に。

永野さんはさすがに速い。「永野さんが見えなくなったら折り返そう」と永野さんに言うと、「は~~~い」と言いながらほんとにすぐに行ってしまいました。

1KM地点、当初折り返す予定のところ、「やだ、まだ走れるわ。」

「6KM先が折り返し。永野さんが折り返して来たら、一緒に折り返して帰っちゃおう」と思っていたら、間もなく永野さんがきちゃった。

「でも、まだ走れるわ。」

一緒に走ったのはなべあつと廣升さん(マラソン歴10年?)。なべあつは中学校のマラソン大会以来で、ちなみに体育はだいっきらい。でも完走すると言い張る。一緒に走っていたら、私も完走したくなったのです。それは2KM地点のことです。

そして、走りました。1時間40分。まさかこんなことになるとは思いませんでした。12KMも走れたのは本当にすごい、みなさんのおかげです。こんなところでもまた、一人じゃできないことが、たくさんの人の力があるとできるって、感激しました。そして、1時間40分もずっと走っていたのかと思うと自分のことが愛おしく思えるのでした。

永野さん
早々に折り返してきた永野さんと。


折り返し
2Km地点から夢に見た「折り返し」
  1. 2011/10/11(火) 19:21:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本ITチャリティ駅伝

行ってきました(走っていません!)。IT関連のお仕事に従事するランナーが2500人も集まりました。すごい大会です。

日本ITチャリティ駅伝http://www.nit-run.com/


参加費が障害者就労のためのNPO法人FDAに寄付される仕組みです。障害者の就労を目的としていることもあって、主催者のNPO代表である渡邉さんにおこえがけいただいて、パラリンピアンズ協会会長の河合純一さんが、表彰式のゲストで参加しました。来年はパラリンピアンでチームをつくって参加できたら、と宣言していました!


渡邉さんと
渡邉さんと河合さん

渡邉さんは、障害者の雇用を大変積極的に行っていることで有名なISFネットの社長です。
渡邉さんのブログ http://watanabeyukiyoshi.blog70.fc2.com/
渡邉さんと河合さんは同じ静岡出身です。地元での活動をご一緒できそうです。楽しみです。


びんちゃんなるっち
成澤さんと美んちゃんも走っていました。二人ともユニバーサルベンチャーコンテスト(障害のある人が起業を目指すビジネスプランのコンテスト)で入賞して、起業した方です。このコンテストの審査員をさせてもらってからの皆さんとのご縁です。

楽しく走ってチャリティする、そして多くの人が笑顔で一日過ごせる素敵なイベントでした。

  1. 2011/10/06(木) 10:50:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。