アスリートカフェ カフェオーナー 伊藤数子

  今朝も元気に開店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツ義足の第一人者・臼井二美男さん

臼井さんは25年ほど前、海外で使われ始めていたスポーツ義足を「見よう見まねで」作った人です。

スポーツ義足の製作だけでなく、「足を交互に出して走ることを実現させてあげたい」と思い、義足の患者さんに「走ってみないか」と声をかけ、切断者スポーツクラブ「ヘルスエンジェルス」を結成しました。当時は、義足の人が走るなんて考えられない、見たこともない、という時代です。「怖がって、全然人が集まらなかった」そうです。

「スポーツををやり始めると、自然と外に出るようになるんですよ。そうしなければ、スポーツはできませんからね。すると、今度は友だちができます。そしたら性格も明るくなる。もう、障害者にとってスポーツはいいことづくめですよ」と臼井さん。

臼井さんの技術だけでない、精神的なサポートには、それは多くのファンがいます。その中から鈴木徹(走り高跳び)、佐藤真海(走り幅跳び)、中西麻耶(短距離・走り幅跳び)などこれまで5名のパラリンピアンを輩出ました。

「挑戦者たち」二宮清純の視点~義肢装具士が語るスポーツのススメ~
http://www.challengers.tv/seijun/



臼井さん
左端は義肢装具士の沖野さん。右端が臼井さん
スポンサーサイト
  1. 2011/09/12(月) 07:54:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。